www.sastreriamrlee.com

(全損)とは名称の通り全部が故障してしまう状態、結論として走れないような乗り物としての機能を果たせなくなった時に言われますが、自動車の保険においての「全損」はちょっと同義ではない内容があったりします。自動車の保険では乗用車が壊れた場合では『全損と分損』などと2つの状況に分けられ、「分損」は修復費が保険金内でおさまる場合を表現し、反対に「全損」とは修理の費用が補償金を上回ってしまう状況を指します。通常、自動車の修理で全損と言われると車の心臓となるエンジンに重大なダメージが起こったり、フレームが歪んでいたりして元に戻すことが難しい場合リサイクルか廃車と結論付けられるのが一般的です。けれど、自動車事故が発生してディーラーや保険屋さんがこの修理のお金を計算した際に、表面がしっかりとして直すことが可能である状況でも修理費が保険金よりも高かったらそもそもなんで自動車保険に加盟しているのか分からなくなります。そのような場面では、全損と考えて愛車の権利を保険会社へ譲って保険金額を負担してもらう仕組みなっています。当然かなりの間連れ添った愛車で未練があり自分で費用を出して修復して使用したいと思う人間は多くいらっしゃいますのでケースにて自動車の保険屋さんと話し合うといいかもしれません。自動車任意保険の中にはこういった事態を想定して車両全損時諸費用補償特約等(全損)の時のための特約が設けられている状態が多く例え、自分の車が全損となった際でも買い替え等の諸経費を一定分負担してくれる状況も実在したりします。更に盗難時補償金の特約をつけている場合盗難にあった自動車がどこかへいってしまったケースでも全損の扱いで、保険金が支払われる仕組みになります。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.sastreriamrlee.com All Rights Reserved.